手妻(和妻)

日本に古くから伝わる手品の事を手妻(和妻)と呼びます。江戸時代に、手を稲妻のごとく素早く動かすことから、手妻と呼ばれる様になったと伝えられています。しかし、明治時代以降、海外から沢山のマジックが入ってきて、西洋から入ってきたものと和のもの(元々日本にあった手品)を分ける呼び方として洋妻、和妻という呼ばれ方をする様になったようです。

連理の曲

半紙をはさみで12片に切り、復活します、ただ復活するのではなく、御幣の様に繋がる、とても縁起の良い手妻です。

柱抜き(サムタイ)

紙縒りで、演者の両手の親指を結んでもらい、指が外れない状態で、刀や棒、輪っかなどを通り抜ける、とてもシンプルですが、不思議な手妻です。 

お椀と玉

題名と同じ、3つのお椀と3つの玉を使った手妻、玉が消えたり、他のお椀に移ったり、不思議な事が起こります。


五色の砂

器に水を注ぎ、手妻師が水をかき混ぜるとなんと!ミルミルと黒くなり、その水の中に5色の砂を入れ混ぜます、混ぜた砂をお客さんの言った順番できれいに取り分けて見せる手妻です。昔は路上で行われていたようです。

胡蝶の舞

紙で作った蝶々で、蝶の一生を語る手妻です。

一羽の男蝶が一羽の女蝶と出会い、結ばれ、・・・!